「ウォーターフォール」レイアウトに切り替えて、長尺の画像を効率的に閲覧!

リストモードでは、画像を効率的に検索や閲覧することができます。閲覧体験をさらに上がるために、レイアウトは「整列レイアウト」、「ウオーターフォールレイアウト」、「グリッド風レイアウト」三種類があります。


整列レイアウト

デフォルト設定では、Eagle の画像レイアウトは主に整列レイアウトを採用しています。このレイアウトの特徴は端正で、画像が途切れることがなく、画像の並べ替えや検索に非常に適しています。多くのサービスでもこのレイアウトが使用されています。例えば、Google 検索、500px、Flickr など。

「ウォーターフォール」レイアウトに切り替えて、長尺の画像を効率的に閲覧! - ヘルプセンター | Eagle App


ヴォーターフォールレイアウト

ただし、整列レイアウトでは、多様なニーズに対応できない場合があります。たとえば、長い画像、Web ページのスクリーンショットなどです。Eagle はウォーターフォール レイアウトをサポートしています。長い画像リストの場合、レイアウトモードを調整するだけで、さまざまなブラウジングニーズを簡単に満たすことができます。

「ウォーターフォール」レイアウトに切り替えて、長尺の画像を効率的に閲覧! - ヘルプセンター | Eagle App


グリッドレイアウト

グリッドレイアウトは、古いファイルマネージャーで使用されているものと同様に、画像のサイズに関係なく、固定フレームで画像を表示します。検索したり、複数選択したりするときに役に立ちます。


レイアウトをそれぞれ比較

  • 整列 
    視線に合わせて並び、画像の整理や検索に使用するのがおすすめです。
  • ヴォーターフォール
    画像は不規則的な並び方で、検索に負担が大きいですが、違うサイズの画像を見られ、画像を長時間にプレビューするのが良いです。
  • グリッド
    同じサイズのアセットを表示し、見栄えがいいですが、画像を詳しく見えない可能性があります。画像を選択、整理するときに便利です。

レイアウトの切り替え方法

フォルダーごとに個別に違うレイアウトを使用できます。それに、画像をリロードせずに、いつでも現在のページのレイアウト モードを切り替えることができます。

  1. リストの右クリックメニュー画像リストの空きスペースを右クリックし、目的のレイアウトを選択します。

  2. ショートカット キーを使用:Alt + 1 を使用してウォーターフォールレイアウトに切り替え、Alt + 2 を使用して整列レイアウトに切り替えます。

「ウォーターフォール」レイアウトに切り替えて、長尺の画像を効率的に閲覧! - ヘルプセンター | Eagle App

この記事は役に立ってますか? フィードバックをありがとうございます フィードバックの送信に問題がありました。 後でもう一度やり直してください。