フォルダーを活用して、ちゃんとしたライブラリを作成しましょう

フォルダー、最も基本的であると同時に不可欠な管理ツール。フォルダーが多くある、サブフォルダーが複雑な場合は、資料を検索するのが面倒くさいです。ただし、Eagle は、ユーザーエクスペリエンスをもっと上がるために新しいフォルダー機能を追加しました。次は、Eagle フォルダの機能を紹介しましょう。


フォルダを作成する

まず、次の三つの方法でフォルダを作成しましょう。

  • フォルダー「+」ボタン
  • サイドバー「+」ボタン
  • ⌘ + Shift + N

作成したら名前をつけましょう。フォルダの名前は、分類または色を使用することをおすすめします。これにより、フォルダ、または画像をより快速、効率的に見つけることができます。


フォルダに画像を追加

フォルダを作成したら、フォルダに画像を追加できます。

  • 画像をフォルダにドラッグアンドドロップします
  • 画像をコピーして貼り付けます 
  • ⌘ + D
    同じフォルダに画像を追加する必要がある場合は、この機能を使用して、前回追加したフォルダに画像を追加できます。
  • 画像を右クリックして、「フォルダに追加」を選択します
    Oフォルダ選択メニューを開き、必要なフォルダを選択します。 詳しく

フォルダの名前を変更

相応しいフォルダ名は、フォルダまたは画像をより快速、効率的に見つけるのに役立ちます。

  • フォルダをダブルクリックします
  • フォルダを右クリックして、「名前の変更」を選択します
  • ⌘ + R

アイコンと色を変更

フォルダーのアイコンと色を変更することにより、素材を簡単に見つけることができ、フォルダーの整理のユーザーエクスペリエンスがさらに上がります。

  • フォルダを右クリックして、アイコンと色を選択します
  • .完成したら、アイコンと色は変わります。

階層フォルダ

Eagle は階層フォルダーをサポートしています。親フォルダーの左矢印をクリックして、サブフォルダーのリストを展開できます。階層フォルダーを使用して、フォルダーはより簡単に整理し、フォルダーの検索にかかる時間も縮めます。

階層ボタンを右クリックします

階層ボタンを右クリックして、コンテキストメニューを開くことができます。詳しく操作は以下をご覧ください。

  • フォルダを開く/閉じる
    「フォルダを開く/閉じる」を選択して、このフォルダを開く/閉じるます。
  • 同じレベルのフォルダを開く/閉じる
    「同じ階層のフォルダを開く/閉じる」を選択して、すべての同じ階層のフォルダを開く/閉じます。
  • すべてのフォルダを開く/閉じる
    「すべてのフォルダを開く/閉じる」を選択して、すべてのフォルダを開く/閉じます。

サブフォルダーを作成

  • フォルダを作成し、追加する親フォルダにドラッグします

  • フォルダを右クリックして「新しいサブフォルダー」を選択します

フォルダを並べ替える

ちゃんとしたフォルダ配置は、ブラウジングの疲労を軽減するだけでなく、検索の効率も上がってくれます。フォルダを並べ替えたり、フォルダのアイコンや色をカスタマイズしたりすることで、唯一で効率的な配置を作成しましょう。

  • フォルダをドラッグアンドドロップします
  • タイトルでフォルダを並べ替える
  • フォルダを移動
    多数のフォルダを移動する必要がある場合は、「フォルダーの移動」を使ってください
    移動したい場所を直接クリックまたは検索します。


サブフォルダのコンテンツを表示

事前設定では、親フォルダーはサブフォルダーのコンテンツを表示しませんが、親フォルダーのサブフォルダーのコンテンツを表示したい場合は、以下の手順に従ってください。

  1. 親フォルダを右クリックし、「表示/非表示サブフォルダコンテンツ」を選択します

  2. サブフォルダーのコンテンツは既に親フォルダーに表示されます

フォルダを削除する

  • 画像を右クリックして「削除」を選択します
  • ショートカット⌘+ Delete
この記事は役に立ってますか? フィードバックをありがとうございます フィードバックの送信に問題がありました。 後でもう一度やり直してください。

問題はまだ解決できません お問い合わせ お問い合わせ