Eagle で PC のディレクトリを閲覧できますか?

Eagle は元々、ユーザーが画像を簡単に管理できるように設計されました。他の一般的な生産性ツールと同じ、Eagle は「集中構造」を採用して Eagle に追加した画像を管理します。

状況によっては、Eagle を使用して他のローカルディレクトリを参照するのはそれほど便利ではありませんが、一方で、「集中型構造」はほとんどの場合でも、より良いエクスペリエンスをもたらすと思います。 例えば、「Evernote」でノートを管理するときに、すべてのノートのパスやフォルダーを覚えておく必要はなく、Evernote を開くだけで、数秒で見つかります。Eagle も同じです。 Eagle のすべてのリソースが違うパスとディレクトリに分割されている場合、本当に効率的でシンプルなエクスペリエンスを実現することはできません。

従来のフォルダで画像を整理すると、パフォーマンスの面でボトルネックが発生する可能性もあります。 例えば、数万の画像が違う場所に分離されている場合、特に事前にリストされたインデックスのない HDD ディスクを使用している場合、検索時にどれほど悪いか、想像もしたくありません。

簡単に言えば、Eagle は、一般的なアプリが使っている「集中型」管理ロジックを採用しました。これにより、次のメリットがあります。

  1. シンプルで簡単
    画像が配置されている場所を覚えておく必要はありません。必要なのは Eagle を開くことだけです、そして使います!
  2. 通常の検索バーよりも高速で高性能
    ハードディスク検索の速度より遅いことはありません。画像の数に関係なく、Eagle の検索結果は 0.5 秒以内に表示されます。
  3. ファイルではなく画像を中心に
    インターネットをサーフィンしたい時と同じように、最初に頭に浮かぶのはブラウザを開くことです。このような直感的な反応を Eagle に適用してもらいたいと思います。画像を見たいときは、たくさんのディレクトリを検索する必要はなく、ただ Eagle を開くことだけです。
この記事は役に立ってますか? フィードバックをありがとうございます フィードバックの送信に問題がありました。 後でもう一度やり直してください。

問題はまだ解決できません お問い合わせ お問い合わせ