なぜ一部の画像が余分なサムネイルを生成しますか?

次のように、元のファイルに加えて、一部の画像ファイルのサムネイルも生成される場合があります。

なぜ一部の画像が余分なサムネイルを生成しますか? - ヘルプセンター | Eagle App

サムネイルが余分なスペースを占める、なぜ Eagle が同じファイルを 2 回保存するのかなど、いろんな懸念がありますが、この記事では、サムネイルが生成される理由と、サムネイルがもたらすメリットについて説明します。

どのタイプのファイルがサムネイルを生成しますか?

まず、Eagle に保存されたすべての画像がサムネイルを生成するわけではありません。現在、Eagle は次の条件を満たす画像のみサムネイルを生成します。

  1. 非 jpg、png、gif、bmp ファイル形式
  2. 画像の幅と高さはいずれ、基本的な画像形式である 1440 ピクセル(jpg、png、gif、bmp)よりも広くなっている場合
メモ:ほとんどの場合、基本的な画像形式でサムネイルが生成されることはめったにありません。

なぜ Eagle にサムネイルファイルが必要ですか?

サムネイルは Eagle によって自動的に生成されます。様々なシステムやソフトウェアでもよく見かけます。通常、サムネイルは、ユーザーがアクセス、または表示できない場所にキャッシュされます。ただし、Eagle はクラウド同期機能をサポートして、同期中にサムネイルが再作成する必要がないため、ユーザーさんもその時間を無駄しません。なので、現在、サムネイルはライブラリに保存されます。

サムネイルを使うと、次のような多くのメリットがあります、例えば:

  1. Eagle のパフォーマンスを大幅に上がる
    ダブルクリックで詳細モードを開く以外では、Eagle はより大きな元のファイルをロードする必要がなく、全体的な効率が向上し、ユーザーエクスペリエンスも向上します。
  2. 特定の形式のファイル(psd、ai、pdf)の読み込み時間が短縮される
    一般的に、プレビューのためだけにリストに数十メガバイトのファイルを完全にロードする必要はありません。これもコンピュータハードウェアに大きな負担をもたらします。サムネイルは、Eagle がリスト内のこれらの種類のフォーマットファイルを高速でプレビューするのに役立ちます。
この記事は役に立ってますか? フィードバックをありがとうございます フィードバックの送信に問題がありました。 後でもう一度やり直してください。

問題はまだ解決できません お問い合わせ お問い合わせ