ライブラリをバックアップ

コンピュータの紛失や損傷でデータを失くすを防ぐために、常にライブラリをバックアップしましょう。操作もとても簡単で、ライブラリをコピーして貼り付けるだけでできます。

ステップ1:ライブラリのパスを開く

ライブラリのパスを開き、ライブラリを右クリックして「コピー」を選択します。

ライブラリをバックアップ - ヘルプセンター | Eagle App

ステップ2:ライブラリをコピーして他のデバイスに貼り付く(例えば:外付けハードドライブ)

バックアップを保存するフォルダを開き、ライブラリをここに貼り付けると、バックアップが完成です。

増分バックアップ

簡単にバックアップしたい場合は、より専門的なツールを使用しましょう。これらのプロフェッショナルソフトウェアは通常、バックアップスケジュールと増分バックアップの機能があります。

  1. macOS
    Mac にあるバックアップ機能「 Time Machine」はすべてのファイルを自動的にバックアップできます。
  2. Windows
    Arconis などの専門的なソフトウェアを使用して簡単に増分バックアップを実装できます。特定のハードドライブとフォルダをスケジュールして、必要に応じてバックアップすることができます。
この記事は役に立ってますか? フィードバックをありがとうございます フィードバックの送信に問題がありました。 後でもう一度やり直してください。

問題はまだ解決できません お問い合わせ お問い合わせ