ライブラリをマージしましょう

違う時間とシーンで作成されたライブラリをマージしたい場合は、Eagle の「ライブラリのマージ」機能を利用しましょう。

  1. メインライブラリを開きます(ライブラリをAライブラリと呼びます)
  2. 「メニュー」>「ライブラリ」>「その他のライブラリと結合」をクリックします
    ライブラリをマージしましょう - ヘルプセンター | Eagle App
  3. マージしたいライブラリを選択します(ライブラリをBライブラリと呼びます)
  4. 最後に、Aライブラリの内容はA + Bライブラリです。
    ライブラリをマージしましょう - ヘルプセンター | Eagle App
Eagleは、マージされたライブラリを自動的に削除しません。 マージの完了後に削除するかどうかを自由に決定できます。
この記事は役に立ってますか? フィードバックをありがとうございます フィードバックの送信に問題がありました。 後でもう一度やり直してください。

問題はまだ解決できません お問い合わせ お問い合わせ